終活という言葉@産経ニュース

2017年6月28日

終活を女性行政書士が支援 奈良に専門オフィス 遺産、葬儀…細やかに

 

人生の終わりをより良いものにするため、事前に本人が準備を行う「終活」が話題となっている。県内でも、女性行政書士がサポートする唯一の終活専門オフィス「行政書士 オフィス彩り」が奈良市三碓に開設。利用者の希望に応じ、きめ細やかなサービスの提供に取り組んでいる。

「オフィス彩り」は高齢化社会に則し、高齢者の生活に密着したサービスを提供しようと、行政書士の本國和奈さん(31)が昨年2月に開設。本國さんは「家族と疎遠になっていたり、『身内や近所の人に迷惑をかけたくない』と考える高齢者の方は多い。『誰に相談していいのかわからない』という方の受け皿になれれば」と話す。

「終活」といえば、人生の終焉(しゅうえん)である葬儀や墓、遺言などのイメージが強いが、ここで扱う業務はまさに「雑務」。一人暮らしで買い物や片付けがままならない、身体が不自由で入退院の際の入院手続きが大変…など、高齢者が抱えるさまざまな問題や不安に応じた“便利屋”として活動しているという。

現在の顧客は、70~80代の約10人。買い物の代行から通帳管理、入院・入所先でのサポートなど、あらゆる要望に応じている。「入退院手続き」や「葬儀や墓をどうすればよいのか」などの相談は、本人や配偶者のほかソーシャルワーカーやケアマネジャーからも寄せられているという。

法律のプロである行政書士という専門性を生かし、相談を受けると証明力・執行力のある「公正証書」を作成。約2週間後からサービスを提供する。遺言書の作成や遺産問題のほか、相談者本人や配偶者が死亡した際の葬儀の手配にも対応。認知症と診断された人も利用が可能だ。

利用者からは「身内が亡くなったときは、何から手をつければいいのかわからなかったが、親身に相談にのってくれて助かった」との声も。本國さんは「『配偶者が寝たきりでどうすればよいか』『財産の管理をしてほしい』など、さまざまな相談を気軽にしていただければ」と話す。

利用料金は月7800円~。初回の相談は無料。受付は午前9時~午後6時。

出典:http://www.sankei.com/

女優・ダレノガレ、悲願の映画デビュー「便利屋エレジー」24日公開

ダレノガレさんが悲願の映画デビューするそうです。

2017年6月23日10時0分  スポーツ報知

「フレンドリーな現場でよかった」と撮影を振り返ったダレノガレ明美(カメラ・森田 俊弥)

「便利屋エレジー」の一場面
モデルでタレントのダレノガレ明美(26)が初出演する映画「便利屋エレジー」(土田準平監督)が24日に公開される。慣れない現場に悪戦苦闘したことを明かしながらも「ケンカのシーンがお気に入り」と手応えをつかんだ。今後も女優業に前向きで「刑務所に入っている超ヤバイ女とか、普通の女優さんがやりたくないような役をやってみたい」と目を輝かせた。

12年にモデルデビューしてから「いつかはやりたい」と待ち望んでいた映画デビュー。初出演作「便利屋エレジー」では、主演の鈴木貴之(27)、共演の寺井文孝(38)とともに、便利屋の紅一点・鈴木由美子役を演じた。気性と言葉遣いが荒い役どころは、普段のバラエティーで見せる姿と重なる部分もある。

「役が自分のキャラと合ってないと大変なことになると思っていたので、よかったです。私の場合、キャラクターが既にバラエティーで作られてるから、そのキャラとあまりに違うことをやると『何これ?』って思われちゃう。今回は、ありのままの私、とまではいかないけど楽しくできました」

撮影は昨年10月、約1週間で撮り終えた。早朝5時に家を出て、深夜まで撮影が続く日もあったという。

「バラエティーは朝早いっていっても、始まるのは午前11時ぐらい。今回は朝5時? はぁ? みたいな。毎日深夜に終わるので、家に帰ってお風呂に入って、すぐにまた現場に向かう日もありました。でも、みんなに会えるから楽しみだったし、あっという間に終わった感じ。スタッフさんがすごく優しくしてくれて、畑違いの私を受け入れてくれました」

劇中では、同じく便利屋を演じた寺井とケンカをするシーンが何度もある。

「ケンカのシーンはお気に入りですね。前に失恋して嫌いな男の子を思い浮かべて、その子とケンカしている気持ちでやってました。普段からケンカ? しないですよ。昔も激しい殴り合いとかはしたことなくて、(女同士で)髪の毛の引っ張り合いとか、胸ぐらつかんでとか、そのぐらいかな。男の人とはケンカしても勝てないし。口撃はしますけどね」

無事に映画デビューを果たしたが、今後も挑戦したいのは正統派ではなく、クセのある役柄だという。

「清純派みたいのは、やっぱりキャラじゃないので。普通の女優さんがやりたくないような役をやってみたい。刑務所に入っている超ヤバイ女とか、ヤク中(覚醒剤中毒)の女とか。広瀬すずちゃんが絶対やらないような役をやってみたい」

モデル、タレント、そして女優と活動の幅を広げているが、あえてこだわりは持たないようにしている。目の前の仕事に全力で取り組むのがモットーだ。

「女優さんをやりたいってこだわっちゃうと、やれない時に『なんで女優のお仕事がこないんだろう』って考え過ぎちゃう。なので今ある仕事をやりながら、お話がきたらやらせていただくっていうスタンス。その方が毎日ハッピーに生きられると思って」

マルチな活躍で大忙しの毎日の癒やしとなっているのは、猫の存在だという。

「物心ついた時から実家に猫がいて、今もマンションで2匹飼ってます。映画撮影の時も毎日『早く帰って抱きしめたいな』って思ってました。もう自分の娘と息子みたい。上の子は私以外の人間が得意じゃなくて、私がいないとダメってぐらいデリケートなんです」

作品では、恋人に妊娠を知らせずシングルマザーとなった女性と、その子供が父親と再会し、やり直すために、便利屋が奮闘する。

「お姉ちゃんがシングルマザーで、一人で子供を育てる大変さを目の前で見てました。たまにはストレスを発散してほしいですけど、なかなか難しいですよね。私もいつかは結婚してお子さんを産みたいです、2人ぐらい。でも猫がいるからなぁ。今はまだいいや」

◆ダレノガレ明美(あけみ)1990年7月16日、ブラジル生まれ。26歳。父は日本とブラジルのハーフ、母はイタリア人。1歳で来日。12年にモデルデビューし、「JJ」などで活躍。14年1月にNHK BSプレミアム「花咲くあした」で女優デビュー。今年1~3月のテレビ朝日系「奪い愛、冬」で連ドラ初出演。中学時代はソフトボール部で捕手。身長164センチ。血液型B。

物語的には「讃歌」

タイトルはエレジー=哀歌だが、哀(かな)しみはあまり描いていなくて、物語的には「便利屋讃歌」の方がしっくりくる。便利屋って言葉には少し怪しい雰囲気があるけれど、悪い人間が全く出てこない、安心して楽しめる作品。

あらすじ

◆便利屋エレジー それぞれ事情を抱えながら便利屋「ロッキー」で働く山田幸一(鈴木)、鈴木由美子(ダレノガレ)、佐藤努(寺井)の3人。山田は、得意先の託児所に息子を通わせるシングルマザー・知美に、自身が家族を失った過去を重ね、気にかけるようになる。ある日、知美の両親に、息子が連れて行かれてしまう騒動が発生し、何とかしたい山田はついおせっかいをやいてしまうことに…。

便利屋は本当に便利なお店です

2016年7月7日

便利屋という言葉を聞いたことがあると思いますが、この便利屋さんは本当に便利なお店です。基本的に刑法に引っ掛かるようなこと以外であれば何でもやってくれる便利屋ですが、地域ごとに請け負う仕事にも特色があるため地域に根付いた業者が多いのも特徴でしょう。

雪が多い地域であれば屋根の雪下ろしを行ってくれますし、害虫が多い地域であれば害虫駆除をメインで行う便利屋もいます。冠婚葬祭の代行や塗装工事、犬の散歩や庭木の剪定など、ありとあらゆるニーズに答えてくれるため、利用者側からしてみれば非常に頼みやすいと言えるでしょう。

料金体系もとてもはっきりしていて、特殊な仕事でなければ基本料金+時間×人数という料金で仕事を請け負ってくれますから、専門業者に頼むよりも安価になる場合がほとんどです。引っ越しの場合、荷物を載せる車代が必要ですが、それもかなり安価になっているので非常にリーズナブルで依頼しやすいのではないでしょうか。

春先に増える引っ越しなども荷物が少ない場合には便利屋に依頼するほうが確実に安上がりですし、お年寄りの一人暮らしなど、一人ではなかなか行えない家具の移動や買い物の代行まで行ってくれるので、そういった依頼をする人も年々増えていると言われています。

便利屋の数が増えるにつれ特殊な仕事も請け負えるようにスキルアップをしている業者が増えているため、そういったスキルの多い便利屋を選ぶことでどこに頼んで良いか分からないような案件も安心して任せることが出来るのではないでしょうか。

便利屋=何でもできる街のお助けマンといったイメージでしょう。些細なことでも引き受けてくれますから、困った時には便利屋を探して仕事を依頼してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしの引っ越しの準備

2016年7月6日

moving

たとえ一人暮であっても引越準備というのは大変なモノです。家族での引っ越しと比較して多少荷物などは少ないと言えますが、引越しに付随する役所での手続きや運転免許が銀行、携帯電話などの住所変更、電気、ガス、水道などの手続きは実は大差はないのでかなり面倒と言えます。

あと引っ越しの際にはインターネットのプロバイダーを見直すにはいい機会ということが出来ます。一度契約してしまうとそれ以来ずっと同じ所を利用しているという人は少なくありませんが、他社の方が料金が低い、キャンペーンを行っていてお得といったケースがあるので引っ越しの際どうせモデムの返却等の手続きが必要となるのですから、他社と比較してお得な会社を見つけたら解約して乗り換えるのも1つの手です。

引っ越しの手続きに関しては手間はあまり変わらないと言えますが、荷物の量はやはり1人暮らしの場合は少ないので引っ越し業者に依頼するより赤帽などに依頼した方が安価に引っ越しをすることが出来ます。

上手に掃除をする方法が断捨離です

生活する上でモノというのはどんどん増えてしまいます。ですがあまりモノが増えすぎると収納場所が足りなくなったり、掃除の際にイチイチモノをどけないといけないので時間がかかってしまいます。なので上手な整理法として断捨離をオススメします断捨離というのは本当に必要なモノ以外は捨ててスッキリとした空間で過ごす事、最低限のモノに囲まれた生活を目指すことです。

所有しているモノが少なければ収納は簡単になりますし、部屋に家具やモノが少ない程掃除時間は短くすることが出来ます。ただ断捨離をする際には勝手に捨てるわけにはいかないので家族の協力が必要となります。まずは必要なモノと不要なモノとを区別していき、不要と判断したものは潔く捨てる、まだ使えるモノはリサイクルに出すようにしましょう。

ここでポイントとなるのはいつか使うといったモノは結局使いませんし、洋服も痩せたら着ようと思っているモノは潔く処分してしまいましょう。迷ったら捨てるくらいの気持ちでどんどん捨てていかないとスッキリとした部屋にはなりません。

不用品回収を頼むなら最低料金保証のある業者が安心

本当に必要だと思って購入したものでも、長い年月を経て壊れてしまったり、いつの間にか使わなくなったりというのはどの家庭にもあることです。小さなものなら不燃物として簡単にごみの日に出せますが、エアコンや洗濯機などの大きなものはそうはいきません。

不用品として回収してもらう必要があります。不用品回収業者は色々とありますが、出来るだけ安く済ませるためには最低料金保証制度のある便利屋がお勧めです。わざわざ不用品回収物に応じた値段を問い合わせなくても、最初から安値で回収してくれます。ぼったくりと思われる高いお金を請求される心配もありません。

安いと不安という方もいるかもしれませんが、ベテランのスタッフが対応してくれるので安心です。分からないことがあれば事前に問い合わせしておくことも可能ですよ。大抵の業者は昨今ネットで簡単に申し込みが出来るようになっています。前以て日時を指定予約しておくと、自分の都合に合わせて回収を頼めますよ。